薬剤師が語る2500円のアルバイト

HOME > 時給2000円越え > 薬剤師が語る2500円のアルバイト

薬剤師が語る2500円のアルバイト

俺は40代の薬剤師です。
家族構成は妻と子供2人。
職歴は病院に18年、調剤薬局に1年目です。特別なスキルはありませんが、オールマイティーにこなせることを目標としています。
今勤めている調剤薬局の休日は平日半日1回、土曜日半日1回日曜休みの週休2日です。

俺がなぜアルバイトを始めてしまったのか?

病院勤務時代に、スキルアップを目標に調剤薬局でアルバイトを始めました。
詳細な理由として病院では採用薬が限られていて知識が増えない、業務が調剤主体となり患者さんと接する機会がない、時代に取り残された薬剤師になってしまうことです。
アルバイト先を探すポイントは自分の都合のいい日に働くことができることでしょう。
また本業が大事なのである程度融通がきくことも重要です。
そこで薬剤師求人サイトを利用しました。都合のいい勤務場所を自力で探すのは、なかなか困難だからです。

俺がアルバイトを始めて感じたこと

整形外科や内科メインで初心者の自分にとっては働きやすかったです。わからないこともどんどん質問することができました。
電子薬歴にもふれることができ、病院では経験できないことも学ぶことができました。
時給は時給2500円でそこそこ高めなんじゃないでしょうか。
勤務時間はある程度勤務日の融通がきき、定時であがれます。
またアルバイトでもやる気があれば必ずスキルアップできます。学ぶ姿勢も大切だと思いました。
アルバイトって入る前は人間関係が一番気がかりだったのですが、良い方ばかりでいろいろわからないことも聞くことができました。
アルバイトでも正社員でも人間関係の良い所に入ることが、長く働くことができる秘訣だと思います。

まとめ

最初は慣れない仕事だったのでかなり精神的にも疲れはありましたが、時間とともに慣れてきました。
でも患者さんの命に直結する仕事なのでアルバイトだからといって、いい加減な仕事はできません。働く以上はしっかり責任を持って頑張りましょう。

ページの上部へ