妊娠中、そして産後の薬剤師アルバイト事情

HOME > 時給2000円越え > 妊娠中、そして産後の薬剤師アルバイト事情

妊娠中、そして産後の薬剤師アルバイト事情

わたしは大学卒業後、ドラックストアに入社、転職して調剤薬局に勤め職場結婚、その後妊娠中のつわりが重くバイト勤務となり、出産後もバイトとして働いています。現在は第二子出産を控え産休予定です。
ちなみに20代女です。

妊娠中のアルバイト

妊娠前は社員として継続して働くつもりでしたが、妊娠中のつわりが重く起き上がることもできない日が多くなったためバイト(パート)勤務を希望しました。
きちんと働くことが可能な状況であればやりたい仕事や給料で選ぶことが望ましいですが、出産を控えていたため同じ職場で慣れた環境、人間関係を重視しました。

産後のアルバイト

産後はママ薬シャインという紹介派遣会社に登録もしましたが、慣れた職場の方が良いだろうと派遣会社の方にも提案されました。
そして決まったのが社員からの継続で、主に小児科などを受ける調剤薬局で女性の多い職場です。パートも小さい子供のいる方が多いです。
時給は2000円ですが他の方に聞くとパートでも年間10円ずつ昇給があるようです。
10円ってかなり微妙ですが、積み重ねればそれなりになるのでしょうか・・・。
でもアルバイトだと休みがとりやすく、時間の融通が利きます。残業したいときはその日に申し出れば可能、急な休みも基本的には責任者に朝メールをするだけで良いため忙しいときには助かります。
しかもバイトやパートのために昼ごはんを食べながら開催される勉強会もあり、社員ほどではないですがスキルアップが望めます。
あと女性の多い職場ですが裏表もあまりなく和気あいあいとしています。子供の話なども情報交換し、人間関係は良好です。
ただ人数の多い職場なので仕方ないのかもしれませんが、一人一人の時給は他の会社に比べて安いところはチョット不満ですが。

薬剤師もアルバイトをして社会経験を積んだほうが良い

自分のやりたいことを探す意味でも色々な職種のバイトを経験することは有意義だと思います。ただバイトだからと無責任に仕事をすると人間関係が悪化し働きにくくなるため責任を持ち働くことが大切です

ページの上部へ